「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」とは

文部科学省事業の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」とは、国公私立大学から申請されたプログラムの中から、高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人を養成することを目的としたプロジェクトです。

平成19年より4大学(筑波大学、千葉大学、埼玉医科大学、茨城県立医療大学)が連携し、質の高いがん専門医等を養成し得る内容を有する優れたプログラムに対し財政支援を行う ことにより、大学の教育の活性化を促進し、今後のがん医療を担う医療人の養成推進を図ることを目的とし、活動してまいりました。

平成24年度より8大学(筑波大学、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、獨協医科大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学)が連携し、国際的な視野を持った多職種のがん専門医療人養成を目的に活動しました。

平成29年度からは8大学(筑波大学、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、獨協医科大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学)に加えて、4大学が連携し、がん医療に携わる専門的な知識・技能を有する医師その他の医療従事者の育成が求められていることから、複数の大学がそれぞれの、個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的として実施しています。

関東がん専門医療人養成拠点はこちら

放射線技術科学科は、診療放射線技師の教育が進められています。現代の癌治療、とりわけ進歩の著しい放射線治療は、放射線腫瘍医のみならず、診療放射線技師、医学物理士、がん専門薬剤師、がん専門看護師などの多職種専門家のチーム医療が求められています。放射線治療における診療放射線技師は、放射線治療を進めている多くの病院で、放射線腫瘍医と一体となって放射線治療を進めています。放射線治療の現場では、さらに医学物理士の参加が求められています。

本学の卒業生は診療放射線技師として、臨床の現場で活躍しています。そしてその中には、すでに医学物理士の資格を取得し、医学物理士として癌治療に貢献している卒業生も少なからずおります。本学の放射線技術科学科の卒業生は、診療放射線技師として活躍するとともに、潜在的に医学物理士となりえる人材であると考えられます。

茨城県立医療大学は平成13年に大学院修士課程を開設し、現在は放射線技術科学専攻に医学物理士コースを設けております。今後はこのコースをさらに発展させ、診療放射線技師資格を持つ医学物理士を多く育てていきたいと考えております。

医療職業人の育成には実地修練の場の充実が不可欠です。さいわい、距離的に近い筑波大学には、世界的にも誇れる陽子線医学利用センターがあり、陽子線治療が進められています。今後、陽子線医学利用センターでの実習等を通じて、医学物理士の養成を図っていきたいと考えております。また、茨城県との連携により、県立中央病院におけるOn-the-job trainingの制度を設け、より良い教育環境の構築にも力をいれています。

本プロジェクトが多職種のがんの専門家の育成に寄与し、関東地域ばかりでなく日本のがん診療の向上に結び付くことを強く期待しております。

イベント情報バックナンバー(全国がんプロ協議会のページに移動します)