放射線技術科学科トップ > 大学院(博士前期課程)

大学院 博士前期(保健医療科学研究科 放射線科学技術専攻)
        ・後期課程(保健医療科学研究科 保健医療科学専攻)

【博士前期(保健医療科学研究科 放射線科学技術専攻)】
 保健医療科学研究科は,教育研究の軸足をリハビリテーション医療に置き,高齢社会のニーズに応えうる人材,すなわち,看護学,理学療法学・作業療法学,放射線技術科学に関する基本的研究能力を有する高度医療専門職を養成することを目標とします。
各専攻においては,学部の教育内容を踏まえて,それぞれ高度な看護職,理学療法・作業療法の専門職,医用放射線技術の専門職を養成するとともに,教育者や研究者となりうる基本的能力を身につけられるような教育を行います。

 本研究科の教育課程は,看護学専攻,理学療法学・作業療法学専攻及び放射線技術科学専攻に共通の「共通科目」と,専攻ごとの「専門科目」から構成されています。
共通科目では,保健医療に関わる高度専門職として要求される人間・社会・環境に関する理解を深め,専門科目の基盤を形成します。

 放射線技術科学専攻では,専門コースと医学物理コース(MPコース)の2コースを設けています。

 専門コースでは,医用画像技術学領域,核医学技術学領域,放射線治療技術学領域の各領域で,それぞれ最先端の教育,研究を行い,放射線技術科学について専門的に広い視野を獲得することを目指します。さらに専門の領域を越えて関連する他領域の科目も選択し,専門知識を幅広いものにするよう配慮しています。それぞれの領域では,近隣の研究施設との共同研究も行なっており,また付属病院では各種X線撮影,MRI,核医学装置等が整備され,基礎と臨床の結びついた研究が行なえるような体制が整っています。また,原子力施設を多く受け入れている本県の立地特徴を背景に,公正性,論理性に優れた放射線管理者の育成も可能とする教育課程としています。

 MPコースでは,学部の教育内容を踏まえて,高度な医用放射線技術の専門職を養成するとともに,医学物理士となり得る基本的能力を養います。医学物理士としては放射線診断,治療,核医学のそれぞれの専門領域の知識・技能が必要であるため,それぞれの領域にMPコースを設けています。

【博士後期(保健医療科学研究科 保健医療科学専攻)】
 多職種の協働による利用者・患者中心の保健医療の実践及びその科学的根拠の構築を目指すために,博士前期課程で形成された看護学,理学療法学,作業療法学,放射線技術科学の各学術領域の連携を強化し,領域を統合した1つの専攻による教育研究を行います。


Copyright Department of Radiological Sciences, IPU. 茨城県立医療大学 保健医療学部 放射線技術科学科